脱毛のサロンでは、基本的にはマシンが使われています。
それぞれ特徴は異なりますが、確実に何らかのマシンを使っているのです。
またクリニックなどでも、同じく何らかの機械を使っています。

ところでそれら施術で使われる機械は、ここ10数年前後で大幅な改良が行われているのです。
一昔前と比べれば、随分と日本人向けになりました。
そもそも10数年前などは、主にアメリカで使われている機械が、多くのお店で利用されていたのです。
そして、残念ながらその機械は痛みを伴うことが多かったのです。

というのもアメリカ人と日本人では、やはり肌の色が異なります。
日本人の体毛は黒っぽいです。
ですからアメリカ人向けの機械が、日本人の黒い体毛に反応してしまい、痛みなどを伴うことも多かった訳です。
米国人向けから日本人向けに改良された脱毛用マシン
しかしそれはお店にとっても、やはりマイナスでした。
そのままでは来店客がなかなか集まりませんから、ある時に機械に関する改良が行われたのです。
アメリカ人向けではなく、日本人向けの機械にした訳です。

その結果、だいぶ痛みに関する状況も変わってきました。
日本人の肌に最適なマシンが使われるようになったので、以前と比べると肌に対する負担は激減された訳です。
それでも今なお、マシンによっては多少の痛みが生じる事はあります。
まだ改良の余地はあるでしょう。
それでも一昔前と比べれば、随分と脱毛の技術も進歩している事だけは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です