そもそもコントロールカラーって何?
「肌の赤みがメイクでも隠しきれない。」
「シミやそばかす、クマやニキビ跡が気になる。」
「色々気になるところをコンシーラーで隠していたら、すごい厚化粧になってしまった。」
なんて経験したことはありませんか??

そんな悩みをうす塗りで解決してくれるのが「コントロールカラー」です!
コントロールカラーは、肌をより肌の仕上がりを一層キレイにしてくれるありがたい化粧下地です。
ただしどのお色も顔全体にべっとりぬってしまうと違和感が出てしまうので注意が必要です。
メイクの出来を左右するコントロールベースの使い方
それでは、色別に紹介していきます!
・赤みを抑えるグリーン
赤ら顔・りんご頬・ニキビ跡・小鼻に赤みがあるときに使用します。
基本、赤みを抑えるため使用するので、赤っぽい他のお色の
『ピンク・オレンジ・パープル』避けた方が良いです。

・肌のくすみが気になるときにはイエロー
クマ・くすみ・シミ・そばかす等に使用します。
特にクマやくすみ、シミ、そばかすがひどく気になる方は、
イエローやオレンジは明度が高く、肌なじみが良いのでオススメです。

・元気に見えるピンク
貧血気味などで血色、顔色が悪い方に。
誰もが羨む色白ですが、血の気のない顔(血色が悪い)
色白を通り越して青白い肌の方にオススメです。

・肌に透明感を与えてくれるブルー
特にブルーは白浮きしてしまいやすいので、塗り過ぎは禁物です!
薄く塗りあげるのがキレイに仕上げるコツです。
同じような効果があるのがパープルです。
透明感・華やかなエレガントな肌に仕上げてくれます。

・立体感を出してくれるホワイト
のっぺり顔・立体メイクをしたい。
シミやそばかす、クマがひどい。
肌ツヤが欲しい方におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です